フラセラ【Fullacera】

フラセラは、六本木の美容皮膚科医「工藤さやか」が開発した美肌化粧品


ホーム > ショッピングガイド > よくあるご質問

  • ご購入について
  • お得な会員情報
  • 定期購入
  • よくあるご質問

Q1.アンフェイディングシリーズやステムセル メディシリーズについているマークは何でしょうか?

アンフェイディングシリーズについているマークは、ビタミンC60バイオリサーチ株式会社が、フラーレン高濃度配合の化粧品にだけ表示する事を許可した「R.Sマーク」になります。
ステムセルシリーズについているマークは、国産「ヒト幹細胞培養上清液」を高濃度配合した化粧品のみ表示できる自社オリジナルマークになります。

Q2.アンフェイディングシリーズとステムセルシリーズの
違いは何でしょうか?

アンフェイディングシリーズは、フラーレンを高配合している商品になります。
フラーレンは、活性酸素に効果がある成分だと言われております。
なお、国産の「ヒト幹細胞培養上清液」は配合しておりません。

ステムセル メディシリーズは、国産の「ヒト幹細胞培養上清液」を高配合している商品になります。
「ヒト幹細胞培養上清液」は細胞を活性化させることで、ハリや潤いに効果が期待できる成分だと言われております。 尚、フラーレンは、高配合ではありませんが、配合されております。

Q3.買ったときと比べて香りが変わった感じがしますが、
大丈夫でしょうか?

「フラセラ化粧品」には天然香料を配合しているため、アロマオイルと同じように時間が経つにつれ香りが薄れていきます。品質上は問題ありませんので、ご安心ください。
なお、フタをこまめに閉めるようにすると香りが持続しやすくなります。

Q4.初めて使用する化粧品が合うかわからないのですが、
大丈夫でしょうか?

不安な方には、トライアルセットをお勧めしております。
また、お使いいただくときは、最初からお顔全体にお使いいただくのではなく、お顔の目立たないところ(例えばアゴ下など)にお使いいただき、赤みやかゆみなどが出ないようでしたら、お使いいただく範囲を広げてください。

Q5.化粧品の美肌成分の配合量が知りたいのですが教えて下さい。

美肌成分の配合量については、企業秘密のため、お教えすることはできません。

Q6.悪い成分は入っているのでしょうか?

フラセラは、ドクター工藤清加 監修の元つくられている化粧品です。
お肌に悪いとされている成分は極力配合しておりません。
UV製品についても、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物系成分、界面活性剤、お肌に悪いとされている成分は、全てフリー。毛穴を詰まらせる成分も極力配合しておりません。
ただし、化粧水のみ合成界面活性剤を成分を均一にするために、安全性が認められているものを、ごく微量配合しております。
※界面活性剤とは、本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるもの。

Q7.クリアソープ・シルキーフォーム、ウォッシュエマルジョンに
クレンジング効果はありますか?

この3商品については、クレンジング効果はありませんので、フラセラ クレンジングジェルで、メイクや分泌油などの油分を落としてください。
その後、この3商品で洗顔する事で、汗や毛穴の汚れを落としていきます。
洗顔後は、すぐに化粧水でお肌に潤いを与えてください。

Q8.肌が弱くても、クリアソープで泡パックは出来ますか?

クリアソープで泡パックする時間は、3分が目安になりますが、お肌の弱い方は、最初から3分すると、お顔が赤くなってしまう可能性があります。
そこで、最初は、肌を慣らす為に、30秒ぐらいから初めて、1分、2分と徐々にお肌を慣らしていけば、お肌の弱い方でも大丈夫だと思います。また、ニキビができやすい人は、週2~3回を目安に泡パックをしてみて下さい。

Q9.UVモイスチャーミルクを使用する際、 水しか出てきませんが
何故ですか?

他メーカーのUV製品で、振らなくても良いものがありますが、弊社の製品については、お肌に負担をかけない仕上りにしている為、振って中の成分を混ぜてから使用するタイプのUVケア商品となっております。
ご使用前には、必ず良く振ってからご使用頂く様にして下さい。

Q10.フラセラ化粧品を自分の持っている美顔器用の美容液として使用出来ますか?

フラセラ化粧品は、成分の濃度が強いので、イオン導入器と一緒に使用する事は、お勧め出来ません。
お肌の弱い人がご使用した場合、お肌のトラブルを招いてしまう可能性があります。
なお、フラセラは、他メーカー機器との使用検証も行っておりませんので、あらかじめご了承ください。